DMPは広告配信会社にとってはとても重要なものです

機能

スーツの男性

DMPの機能はどういったものでしょうか。主に3つに分類されます。それが「データ収集」「データの管理、分析」「データ活用」の3つです。収集されるデータには2種類あり、ブラウザが持っている情報と会員情報がついた顧客情報です。

詳細を読む

データ利用

手のひらにパソコン

DMPの導入には、様々なメリットがあります。手動のデータマネジメントと比較すると、データ統合が可能になるといったことなど、大きく6つのメリットがあることがわかります。そのメリットについて説明します。

詳細を読む

メリット

タブレットにタッチしている

DMPの導入には、様々なメリットがあります。手動のデータマネジメントと比較すると、データ統合が可能になるといったことなど、大きく6つのメリットがあることがわかります。そのメリットについて説明します。

詳細を読む

DMPの可能性

イベントの開催等大々的な広告を出すならダイレクトメールがお勧めです。格安で配布できるので宣伝効果も期待できますよ。

会議中の様子

DMPとは、データ・マネジメント・プラットフォームの略で、その頭文字を取ったものです。
インターネットに多くある様々な情報を収集して、それを管理したり分析したりする基盤のことを指しています。管理や分析以外でも活用するためにどうするべきかを模索します。
DMPには、2種類あります。それが「オープンDMP」と「プライベートDMP」です。
オープンDMPは、データプラットフォームでクラウド型のものを指します。ウェブ上にあるサーバが持っているビッグデータを管理するものです。
ビッグデータだけでなく、色々なサイトのログデータの管理も行います。

プライベートDMPは、企業が持つマーケティングデータとオープンDMPが処理するデータ、両方のデータを組み合わせて管理します。
企業が持つマーケティングデータとは、非常に大事なデータで、アクセス解析やサービス購買、顧客情報などです。
プライベートDMPは、自社データと外部データをリンクさせる機能なので、これを使えばネット広告の可能性が広がり、より多くのユーザー獲得につながります。
DMPを活用すれば、どういったユーザーに広告を打てばいいのかを判断してくれるので、無作為に広告を出す必要がなくなります。
商品に興味を持ってくれそうなユーザーを、そのユーザーの検索履歴やプロフィール情報などから瞬時に判断し、その人向けに広告を出します。
DMPが持っている情報を駆使すれば、その人に合った広告を打つことができます。また、ユーザーによって出す広告内容を変えることもできます。

↑ PAGE TOP