DMPは広告配信会社にとってはとても重要なものです

機能

スーツの男性

DMPの機能は、データの収集をはじめ、データ管理や分析、データの利用や提供と多岐にわたります。
収集されるデータには2つあり、ブラウザに保持しているデータと、会員IDなどユーザーの情報を持つ顧客データの2種類です。
ブラウザに保持しているデータの集め方は、DMPのシステムを発行して、各サイトに張ってもらうことから始まります。張ってもらうためには、タグ管理システムの一つとして入れてもらいます。
その後、多くの情報を様々な場所から収集していきます。また、特徴のあるユーザーも収集します。
顧客データを収集するのは、データフィードによって行われます。
広告主から、ユーザーの購買情報や基本情報などを集め、メールアドレスや住所なども合わせて収集します。
この際収集する住所やメールアドレスは、プロモーションに使われます。

DMPのデータ分析にも、2種類あります。
集めた情報をどう拡散するかの分析、集めた顧客情報をセグメント化するための分析の2つです。
セグメント化とは、巨大な情報から一部分を分割するという意味合いです。
集めた情報をどう拡散するかの分析では、サイトの訪問履歴や検索状況などから、そのユーザーの趣味趣向を探るものです。
そして、似たような履歴を持つユーザーを紐付け、同じ趣味を持つ人同士に興味を持ってくれそうな情報を開示します。
そうしてDMPデータを拡散する方法を模索します。
集めた顧客情報をセグメント化するための分析では、色々な計算法を使ってユーザーをセグメント化していきます。
使われる計算法は、クラスタ分析をはじめ、RFM分析やデシル分析などです。

↑ PAGE TOP