DMPは広告配信会社にとってはとても重要なものです

データ利用

手のひらにパソコン

DMPのデータの利用や提供をする際、どういった方法で行われているのでしょうか。
それは、主に3つあります。その3つとは、「広告配信」と「個人特定配信」、「サイト最適化」の3つです。
広告配信は、データを共有しているDSPに、集めたデータを配信させるものです。
各DSPにより配信方法は違ってくる場合もあります。一般的には、セグメント値を指定して配信する方法がとられています。
カスタムタラメータや配信ターゲティングの機能を使えば、この方法を取ることができます。

個人特定配信は、顧客情報に紐付いている個人のアドレス向けにメールを打つことです。
外部サイトの広告と連動させれば、色々なプロモーションを展開することができます。
メールの機能だけでは、既存のCRMの機能とそれほどの変化は得られないですが、外部サイトとの連動で大きな成果が得られます。
サイトの最適化では、サイトを訪問した際に、顧客ID別にサイトページへの切り替えが行われます。
LPOサービスと連動して、セグメントの情報をLPOに送信すれば、そのセグメントに合わせたサイトの情報に切り替えができます。

DMPは、マーケティングのデータを管理するものですが、顧客情報などの個人情報の流出は避けなければなりません。
DMPの機能を使えば、個人情報の流出は防げて、広告を効率良く出すことができます。
DMPでは個人情報を属性の分析によって分けることができるので、情報を効率良く広げることが可能なのです。

↑ PAGE TOP